店舗向け 電気代を削減(経費削減)するために、まずは「無料省エネ診断申込」からどうぞ。

電気代を節約するなら、電気削減.netにお任せください。

経費削減に重要なのは電気の使用を減らす事(電気代の節約)ではありません。

バイトひとり分程度の電気代を節約

電気代削減チェック1 飲食店、美容院、書店等、 電気代のウェイトが高い店舗様

電気代削減チェック2 一度も電気料金の無料省エネ診断をしたことがない店舗様

電気代削減チェック3 電気使用が変動的なため、 基本料金を削減したい店舗様

上記に該当する店舗様は電気代の契約や設備を見直すことで、
経費削減を達成することができます。



店舗様の電気代はそもそも節約すべきもではありません。


明るく入りやすい雰囲気が失われては売上自体が減りかねません。


コスト削減が達成されても、同時に売上も減ってしまえば本末転倒ではないでしょうか?

通常

継続的なコスト削減

適正化によって継続的なコスト削減が可能です。

一度見直し改善を図ることで継続的なコスト削減を実現します。

事例1

ミュゼ

信頼の実績

大手飲食店舗から個人店、商店街まで500店以上に選ばれています。

照明の色味にもこだわり、店舗内の雰囲気を壊さず削減効果を出します。
規模の大小に関係なく削減効果を提供します。

事例1

具体的にはどうやって削減するの?

いわゆる電気代は固定部分「基本料金」変動部分の「電力量料金」でできています。
電気代節約しなくても良いノウハウです。


基本料金はマックスの使用量で金額が決まっており、 電力量料金は、実際の使用に比例して増えていきます

ですからまずは最大限使用した場合の、電気使用量を把握することが先決です。

ブレーカーがよく落ちる場合などは明らかに不足しているはずです。


逆に余裕がありすぎる枠で契約しており、 無駄な基本料金を払っている店舗様も少なくありません。

以前のテナントと同じという理由だけで契約すると、 全然違った業種の場合このようなミスマッチが起こります。

また日々の使用料ですが、電球や設備の違いで、 同じ使い方でも、無駄に電力を消費している場合もあります。

しかし、今の契約や設備が最適なのかそうでないのか、 すぐに判断できる方はそうはいらっしゃらないでしょう。

もし可能であればすぐにでもそうしているはずです。

あなたは何もする必要はありません。

無料省エネ診断申込み

最後まで責任も持ってご案内致します。

経営者・オーナー・店舗責任者様である、あなたは今まで通り店舗の運営に注力していただいて問題ありません。


まずは、簡単な「無料省エネ診断申込書」
に必要事項を記載頂き、電気料金明細書コピーと合わせてメール、
またはFAXで送って頂くだけで結構です。



その結果、費用削減の可能性がある場合は、有資格者による、現地調査から具体的な削減プランの提案、
さらには電力会社への契約変更の連絡や施行までワンストップでおこなわさせて頂きます。

もちろん、「無料省エネ診断申込書」にて削減が不可能な場合は 無駄な時間をとらせることはせず
分かり次第すぐにその旨をお伝えします。

他社との違う点は固定費部分と変動費部分の両方の削減を実現することが出来る点です。
これにより、季節によって使用量にムラがある場合などでも 確実に費用削減効果を実感していただけます。


冒頭でも述べたように、店舗の雰囲気を壊すほど、 電気代を減らしても結果的にはマイナスだからです。
その点を熟知しているからこそ、大手様にも選ばれています。

費用削減の「聖域」とも言える「電気代」ですが、 実はなにも実態を変えることなく費用削減できる分野でもあります。


まだ何も対策をとっていなければぜひ、「無料省エネ診断申込書」の提出をしていただくことを強くお勧め致します

これはノーリスクで電気代を18%~30%程度削減できるチャンスです。


もちろん削減後も電気の質・安定性は全く同じです。

全身脱毛

削減率・削減までの流れ

お客さまの使用状況と契約形態によって削減率を確定します。

お客さまの使用状況、電力会社との契約種別から削減シュミレーションをします。
削減シュミレーション作成のため、過去1年分の電気使用状況のデータをご開示いただく必要があります。
  (※過去1年分のご用意が難しい場合は過去1ヶ月でも結構です。電力会社に問合せすれば過去1年分のデータ再取得可能です。)


電気代削減までの流れ


まずは「無料省エネ診断」にお申込みください。削減可能かご判断します。

電話占いヴェルニ

無料省エネ診断のお申込み

お客様の環境によっては削減できない場合もございますので、まずは、無料で電気代が削減できるかどうかの事前調査を致します。

下記フォームからお問合せください。

「無料省エネ診断申込書」をメールにてお送り致します。
必要事項ご記入のうえ、メール添付またはFAXにてご返送くださいませ。


リニューアル中




無料省エネ診断は、現在(2015年12月)東京電力、東北電力、中部電力、中国電力、九州電力をご利用の方が対象です。
フリーアドレスや迷惑メール排除の設定をしている場合、メールが届かない場合がありますのでご注意くださいませ。

よくある質問

電子ブレーカーではないのですか?

弊社のサービスは、電子ブレーカーはご提案いたしません。電子ブレーカーは主に電力が瞬間的に跳ね上がる設備(エレベーター、溶接機、洗車機) などに用いられます。 もし電子ブレーカーをお使いでしたら更に電気代が下がる可能性があります。

スマートメーターではないのですか?

スマートメーターは、メーター検針をしなくても自動で電力会社が使用量など測定できる機械です。これ自体は、節電効果はありません。 このメーターがついていても、削減サービス導入には問題ありません。

LEDは既に利用しているけど?

LEDをご利用されている場合は、電気代が更に下がる可能性があります。

依頼せずに自社や付き合いのある電気工事業者でも出来ないのでしょうか?

現在の電気使用の状況を判断することが必要です。データや専門の知識がなく行う場合、 電気ブレーカーが落ちたり、効果が見込めないケースもありますのでおすすめいたしません。

工事とかするの?不安ですが。。。

サービス施行の後に電力会社の施工確認が入りますのでご安心ください。

削減額を調べたいのですが、費用はどのくらいでしょうか?

現地調査費など初期経費はすべて無料、弊社の負担で行います。 適正化サービスの実施になってからのお支払です。まずは、無料省エネ診断のお申込みをおススメします。

対象の電圧を教えてください。

低圧、高圧ともに対応しております。

他社省エネ事業者との違いは何ですか?

独自省エネサービス「ぷらすモット」をご提案させて頂きます。

削減額はどのくらいですか?

電気使用状況によって異なりますが、10~40%の削減実績があります。これまでの実施率87%です。 削減を見込めないまたは削減効果の低い事業者様は、無料省エネ診断の時点で実施不可のご連絡をいたします。

無料省エネ診断のお申込み

お客様の環境によっては削減できない場合もございますので、まずは、無料で電気代が削減できるかどうかの事前調査を致します。

下記フォームからお問合せください。

「無料省エネ診断申込書」をメールにてお送り致します。
必要事項ご記入のうえ、メール添付またはFAXにてご返送くださいませ。


リニューアル中





無料省エネ診断は、現在(2015年12月)東京電力、東北電力、中部電力、中国電力、九州電力をご利用の方が対象です。
フリーアドレスや迷惑メール排除の設定をしている場合、メールが届かない場合がありますのでご注意くださいませ。